日鉄住金鋼管

entry entry
scroll
ガ タ ン ゴ ト ン 。 重 た い 扉 を 開 け る と 、 飛 び 込 ん で く る 壮 大 な 景 色 。
白 亜 紀 の 恐 竜 の よ う な 巨 大 な 物 体 が 行 儀 よ く 列 を な し 、
カ タ カ タ カ タ カ タ と 、 規 則 正 し い 連 続 音 を 刻 む 。
ジ ジ ジ ジ ジ ジ 。 赤 い 火 の 粉 が 鮮 や か に 散 る 。 リ ズ ミ カ ル に 熱 気 が 舞 う 。
バ ッ 、 プ シ ュ ー 。 熱 風 と と も に 形 を 変 え た 新 し い 塊 が 姿 を 現 す 。
ビ ー ー ー ッ 。 機 械 音 に 合 い の 手 を 打 つ よ う に 響 く サ イ レ ン 。
タ タ タ タ タ タ 。 宙 吊 り の ク レ ー ン が 泳 ぐ よ う に 天 井 を 並 行 移 動 す る 。
ド ド ド ド ド ド 。 舞 台 装 置 の よ う な 巨 大 ト ラ ッ ク が 登 場 し て は 消 え て ゆ く 。
音 と 熱 気 に あ ふ れ た 現 場 は 、 マ シ ン の オ ー ケ ス ト ラ の よ う で も あ る 。
機 械 の 隙 間 に 豆 粒 の よ う に 小 さ く 見 え る の が 、 私 た ち 人 間 。
こ の 大 き な 空 間 を 動 か す フ ァ ク ト リ ー オ ー ケ ス ト ラ の 指 揮 者 で す 。
ガ タ ン ゴ ト ン 。 重 た い 扉 を 開 け る と 、
飛 び 込 ん で く る 壮 大 な 景 色 。
白 亜 紀 の 恐 竜 の よ う な 巨 大 な 物 体 が
行 儀 よ く 列 を な し 、 カ タ カ タ カ タ カ タ と 、
規 則 正 し い 連 続 音 を 刻 む 。
ジ ジ ジ ジ ジ ジ 。 赤 い 火 の 粉 が 鮮 や か に 散 る 。
リ ズ ミ カ ル に 熱 気 が 舞 う 。
バ ッ 、 プ シ ュ ー 。 熱 風 と と も に 形 を 変 え た
新 し い 塊 が 姿 を 現 す 。
ビ ー ー ー ッ 。 機 械 音 に 合 い の 手 を
打 つ よ う に 響 く サ イ レ ン 。
タ タ タ タ タ タ 。 宙 吊 り の ク レ ー ン が
泳 ぐ よ う に 天 井 を 並 行 移 動 す る 。
ド ド ド ド ド ド 。 舞 台 装 置 の よ う な
巨 大 ト ラ ッ ク が 登 場 し て は 消 え て ゆ く 。
音 と 熱 気 に あ ふ れ た 現 場 は 、
マ シ ン の オ ー ケ ス ト ラ の よ う で も あ る 。
機 械 の 隙 間 に 豆 粒 の よ う に
小 さ く 見 え る の が 、 私 た ち 人 間 。
こ の 大 き な 空 間 を 動 か す
フ ァ ク ト リ ー オ ー ケ ス ト ラ の 指 揮 者 で す 。

it's a wonderful

pipe world

めくるめくパイプの世界へよ

日鉄住金鋼管株式会社